日記・コラム・つぶやき

2010年4月26日 (月)

YS-11の「事業仕分け」に思う

 何かと話題の、「事業仕分け」。
 おやっ?…と思ったのが、YS-11型機を俎上に挙げたこのニュース。産経新聞のサイトから。

 「【事業仕分け】1億円?2億円? 「YS-11」維持費めぐり仕分け人が怒り」  
 http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100426/plc1004262115014-n1.htm

 産業遺産の維持保全を「仕分け」対象にすることには賛否両論があるのでしょうが、この論議を通じて見えて来ることがひとつ。

 仕分け人には、産業遺産の公開はどうあるべきかという根本の思想が無い。
 保管対象者には、そもそも産業遺産を維持するための効果的な方法論やノウハウが無い。

 各地でせっかく保管・保存されながら、「とりあえず取っとこ」程度の思想でその本来の価値を見出されずに「ゴミ」扱いされ、廃棄された産業遺産が何と多いことか。
 札幌でも昨年、交通資料館に保存されていたガラス製1000kwクラスの水銀整流器(グライター)が、子供向けの地下鉄運転台のモックアップ(本物ではなくハリボテ)を設置するために邪魔にされ、廃棄されてしまいました。

 YS-11よ、なにも「再び飛んでくれ」とまでは言わない。
 しかし、貴方の存在がどれほど「Made In Japan」のプライドを高めるのに役立ったか、多くの日本人が知っている。
 ぜひ、次代の子供たちに、その夢を語り継げるような形で、雄姿を見せて欲しい。
 …心から、そう願っています。

 そのためにも、「宝の持ち腐れ」にならないような手立てを願いたいものですが…。

Okadama199904001001 

 写真は、春うららな晴天の丘珠空港でスタンバイ中のYS-11。1999年4月撮影。
 (JA8727 1969年2月製造 No,2095 2000年10月解体)

| | コメント (0)

2010年3月17日 (水)

「デジタルツーカー北海道」から…

ブログネタ: あなたが使っている携帯電話のキャリアは?参加数拍手

 携帯電話を初めて持ったのが、13年前。

 当時、北海道でサービスを開始したばかりだった「デジタルツーカー北海道」の端末が、ヨドバシカメラで「1円」で入手出来た(ポイントで買ったため、実際にはタダ)ことがキッカケ。
 この当時、NTTドコモ・セルラー&IDO各社・デジタルホン各社・ツーカーグループと、主な携帯電話キャリアは4グループに分かれていたのですが、東名阪以外の地方進出に際してはデジタルホンとツーカーの両グループが合同で「デジタルツーカー」ブランドを立ち上げ、進出していたのです。
 初めて持った携帯電話は、三菱電機製の「D2」。ツーカーTH461のデジタルツーカー版で、東名阪地区ではツーカーのネットワークへローミングするようになっていました。この当時は機種によって、ローミング先がツーカーorデジタルホンの何れかに分かれていました。

 以来、J-PHONEVodafoneSoftBankとブランドは変わりましたが、今もSoftBankユーザーです。
 機種は(デジツー)三菱D2→シャープSH4→(J-PHONE)三菱J-D03→三菱J-D05→(Vodafone)三菱V401D→(SoftBank)東芝912T。延べ6台のうち4台が三菱でしたが、現在は携帯電話事業から撤退したのが惜しまれます。使い勝手が良く、気に入っていたのですが…。

 東芝912Tは2007年から使用し、今年で3年目。
 初の3G機種で、しかも初使用の東芝製だったため、馴染むにはちょっと時間が掛かりましたが、慣れるとなかなかの使い心地です。ただ、メールにATOK機能がなく、時々バカな変換をやって面喰わされるコトもあります。

 そろそろ次を…と考えていますが、東芝のハイエンド機は最近SoftBank向けにリリースされていません。おサイフケータイの機能で家電のポイントカードを使用していることもあり、i-Phoneへの乗り換えも現実的ではありません。
 また別の会社に慣れなければならないのか…と考えると、ちょっと考えてしまうのですが…。

| | コメント (0)

2010年2月27日 (土)

誤変換

 古くからインターネットをやっていた方なら、PCのワープロソフトの誤変換事例を集めた「世間虚仮」というサイトがあったのをご存知の方も多いと思います。
 
 「タイ料理コンテスト」が「大量離婚テスト」になったり、
 「JR東海」が「JR倒壊」になったり(ちなみに今打っていた時には「JR当会」と出た)、
 …はたまた、「大観覧車」が「代官乱射」になってしまったり。
 いつも笑わせてもらったものでした(現在も、アーカイブが残っています)。


 最近は流石に、Wordのソフトも進化を重ね、なかなかケッタイな変換は出なくなりましたが…。
 地名では時々、どうやっても出て来ないものがあります。

 札幌市内だと、豊平区の「月寒」(つきさむ)がその一例。
 「つきさむ」と打つと、「付きサム」と出てしまいます。
 仕方なく、「つき-さむい」と打って、一文字消しています。

 多分他にも、「一発で出て来ない地名」って、まだまだあるのでしょうね。
 以前、Panasonicのワープロを使用していたのですが、「あっけしちょう」(厚岸町)と打つと「呆気市長」と出てしまい、文字通り呆気にとられたことがありました。

 とは言え、最近のWordは学習能力もちゃんとあります。
 僕のPCでは「きょじん」と打てば「虚塵」と一発変換されますわーい(嬉しい顔)

| | コメント (2)

2010年1月23日 (土)

地球の歩き方・ツルツル路面編

 新年かなり過ぎてからのご挨拶となってしまいました。今年もどうぞ、よろしくお願い致します。

 さて、2日前は突然、春になりつつあるような暖気だったのに…。
 昨日と今日は、この時期当たり前の(?)真冬日

 おかげさまで、画に書いたようなツルツル路面。
 しかも、固まり切らない雪がうっすらとパウダー状に載っているので、危ないことこの上なし。
 とにかく転ばないように、バランスに気を使いながら歩きました。

 転ばない歩き方、人それぞれに色々ノウハウがあるようですが…。
 僕の歩き方の基本は、この2つでしょうか?

 1. かかとでリズムを取らず、足の指の付け根から雪面に下ろすようにする。
  (着地面が滑っても、かかとがブレーキになります)
 2. 足をなるべく、左右斜めに下ろさないようにする。
  (横滑りによる転倒は、まず防ぎ切れません)

 何せ、若い頃に転倒からギックリ腰を再発させたことがありますし、その後椎間板ヘルニアという「爆弾」も抱えてしまいましたので、とにかく転ばないことに気を付けながら歩いています。

 東京などで大雪になると、決まって転倒・骨折のニュースが出ますが、靴底が「夏用」の場合でも、転ばない歩き方を身に付けるだけでかなり防げると思います。 

 …これからのシーズン、ぜひお試しを。

| | コメント (0)

2009年12月24日 (木)

A VERY MERRY CHRISTMAS!!

20091223_1026

 …どうか今年も、皆さんにとりましてよいクリスマスでありますように。

| | コメント (0)

2009年12月17日 (木)

NHKは北海道を「過小表示」していた?!

  今日は仕事がハネてから、お誘いを受けていた街づくり関連のセミナーに出席。

 講師の方が用意したお題は「数字で見る北海道経済の本質的課題」…だったのですが、硬いタイトルとは裏腹の非常にリラックスした内容のお話でした。
 札幌の人口の社会増は、20代女性の転入人口比率の高さに支えられている(∴札幌を歩いてみると、何だか若い女性が多い…?)など、データで示される「目からウロコ」の話題が、てんこ盛り。


 さて、本題とは別の話題…と言っても、話のマクラで出て来たのですが。
 今年の3月まで、NHKの天気予報に出て来る北海道は、実際よりもかなり縮められていた…という、衝撃(?)の事実が明かされました。


 手元に、実縮尺の地図をご用意ください。
 北海道最北端の宗谷岬から、最南端の襟裳岬までの直線距離は、実は東京から淡路島までの直線距離とほぼイコールになるそうです。
 
 ところが。

 今年3月までのNHKの天気予報画面では、表示されているこの距離を本州に当てると、東京から名古屋付近までにしかならなかったそうです。
 つまり、それだけ北海道が小さく映し出されていた訳ですね。
 
 いくらナンでも…と、某筋から指摘があった結果、4月からのNHKの天気予報では北海道をひと回り大きく描くよう「改善」されたとのこと。
 ただ、それでも宗谷岬~襟裳岬間は東京から三重・奈良県程度までに留められており、やはり実際よりもひと回り小さいそうです。

 因みに、北方四島を含む北海道の総面積は83,456平方km。東北6県と新潟県・富山県を併せた面積に匹敵します。



 北海道がデカイと、日本列島はそんなにアンバランスに見えるものなんでしょうかねぇ…。
 率直な感想でした。 

| | コメント (1)

2009年11月19日 (木)

旭山動物園の「ノシオ」の訃報

 夜のNHK札幌ローカルのニュースで、旭山動物園のミナミシロサイ「ノシオ」が、腎不全で亡くなったことが報じられていました。享年21歳。

 正門から入ると、坂を上った一番奥にある「総合動物舎」が、ノシオの住処でした。
 カバ・キリン・モモイロペリカン・ダチョウなどが飼育されているこの建物は、1967年の旭山動物園開園以来の建物。かつてはゾウも、ココに居ました。
 古ぼけた建物でしたが、名前の通りノシノシと動き回るノシオにとっては、なかなか居心地の良さそうな場所に見えました。
 
 今年の7月頃から足に異常があり、腎臓の異変も見られて、体調回復が思わしくなかったとのこと。
 あのユーモラスな巨体がもう見られないと思うと、やはり淋しいものです。


20080813_1058_2
 写真は元気だった頃のノシオ。2008年8月13日撮影です。 

| | コメント (0)

2009年10月24日 (土)

札幌錦秋

 我が家のベランダからの光景。

20091024_1033 

 とりあえず、三色何とか揃いました。

 本来なら、あと1週間程度で札幌の初雪なのですが、ことしは遅くなりそうで…。

| | コメント (0)

2009年10月 5日 (月)

もと「HBC送信所」跡のイオンSC

 昨日はひょんなことから、カミさんと出掛けたのはイオン元町SC。
 地下鉄東豊線新道東駅のやや南側。立地条件の良さも相俟って、なかなか駐車場が空かないほどの混雑振りです。20091004_1004

 イオンSCと言えば、札幌市内ではさまざまな施設の「跡地」に建てられています。
 貨物駅(桑園)、拓銀グランド(平岡)、木工団地(発寒)というように。

 そしてこの元町SCの敷地は…1952年~1971年まで、HBCラジオ札幌送信所の敷地だった所。
 その後しばらくは、HBCゴルフセンターとなっていました。

 1951年の民間放送解禁と共に、全国で16局に予備免許が下付。TBS・CBC・ABC・NJB(MBSの前身)・RKBなどと共に、HBCもその「第1期生」となったのです。
 1952年1月19日、周波数1230kHzで試験放送開始。ところが払込資本金が足らず、開局当初は高さ80mの木製アンテナを仮設で建てての送信となりました。
 しかも当初はスタジオ工事が間に合わず(HBCラジオのスタジオは南1条西3丁目の旧大丸ビル…現在の大丸藤井セントラル…の場所に、1967年まで設置されていた)、人里離れた送信所にスタッフが泊り込み、送信所内の仮設スタジオからの放送を余儀なくされたのです。そして1952年3月10日、本放送開始へと漕ぎ着けたのでした。
 
 「…雪原の真ん中の送信所である。食料の買出しをはじめ、まき割りなど身辺の一切はすべて自分たちの手でまかなわなければならなかった。雪原の往復はスキーにたよるほかなかったのである。」
 「(アナウンサーとプロデューサーは)十八日夜の試験電波発射に備えて(注…実際は電力事情が悪く、19日朝に延期)送信所に待機していた。送信所は札幌北郊の雪原に建設されたばかりで、放送部員は放送用レコードと食糧をリュックサックにつめて運び込んでいた。」
 …手元にある「北海道放送二十年」(1972年刊)には、開局当時の送信所の様子がこのように描写されています。

 子供の頃、当時の札幌市営バスで「HBC送信所」行の方向幕を出したバスを見たことがあります。
 何だか、とんでもなく遠くにあるんだろうなぁ…と、子供心に思ったものでした。その後、この停留所は「北34条東16丁目」に改称。現在の「新道東駅前」に該当します。

 こうして開設された送信所も、周辺の都市化が進むと共に手狭となり、1971年11月の送信電力増力(10kw⇒50kw)と共に使命を終えて、江別市篠津に移転しました。
 そして2002年6月、この送信所跡地にイオンSCが開店したのです。

 この敷地の北東角には、1981年に建立された「北海道民放第一声の地」碑があり、HBC発祥の地であった歴史を今に伝えています。 20091004_1002

 

 そしてイオン店内で流されているTVも、HBCラジオをモチーフにした特殊パッケージ(もちろん、終日HBC-TVを放送)に収められています。
20091004_1006

 

 多分この記念碑、今ではピンと来ない人が多いんでしょうねぇ…。 

| | コメント (0)

2009年10月 1日 (木)

ココログでは「はじめまして!」

 こんにちは、O型台風です。

 旭川から転居以来、お休みしていたWebサイトのブログですが、カミさんのサイトと同じココログでスタートさせることにしました。ココログユーザーとしては初心者ですが、どうぞよろしくお願い致します。

 但し、ネタの料理(?)の都合上、mixiでのブログ(2008年6月開始)と同一のネタをUpすることがあります。悪しからず、ご了承ください。

 おかげさまで本日、当サイトも開設9周年を迎えました。皆さんに支えて頂きながら、ここまで来られたことを改めて感謝致します。来年の10周年に向けて、新たなステップの1年にしたいと考えておりますので、変わらぬご愛顧のほどをよろしくお願いします。

| | コメント (2)