« 「背番号42」は誇りの番号 | トップページ | 仕事帰りの「ぶらり鉄」 »

2010年4月26日 (月)

YS-11の「事業仕分け」に思う

 何かと話題の、「事業仕分け」。
 おやっ?…と思ったのが、YS-11型機を俎上に挙げたこのニュース。産経新聞のサイトから。

 「【事業仕分け】1億円?2億円? 「YS-11」維持費めぐり仕分け人が怒り」  
 http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100426/plc1004262115014-n1.htm

 産業遺産の維持保全を「仕分け」対象にすることには賛否両論があるのでしょうが、この論議を通じて見えて来ることがひとつ。

 仕分け人には、産業遺産の公開はどうあるべきかという根本の思想が無い。
 保管対象者には、そもそも産業遺産を維持するための効果的な方法論やノウハウが無い。

 各地でせっかく保管・保存されながら、「とりあえず取っとこ」程度の思想でその本来の価値を見出されずに「ゴミ」扱いされ、廃棄された産業遺産が何と多いことか。
 札幌でも昨年、交通資料館に保存されていたガラス製1000kwクラスの水銀整流器(グライター)が、子供向けの地下鉄運転台のモックアップ(本物ではなくハリボテ)を設置するために邪魔にされ、廃棄されてしまいました。

 YS-11よ、なにも「再び飛んでくれ」とまでは言わない。
 しかし、貴方の存在がどれほど「Made In Japan」のプライドを高めるのに役立ったか、多くの日本人が知っている。
 ぜひ、次代の子供たちに、その夢を語り継げるような形で、雄姿を見せて欲しい。
 …心から、そう願っています。

 そのためにも、「宝の持ち腐れ」にならないような手立てを願いたいものですが…。

Okadama199904001001 

 写真は、春うららな晴天の丘珠空港でスタンバイ中のYS-11。1999年4月撮影。
 (JA8727 1969年2月製造 No,2095 2000年10月解体)

|

« 「背番号42」は誇りの番号 | トップページ | 仕事帰りの「ぶらり鉄」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「背番号42」は誇りの番号 | トップページ | 仕事帰りの「ぶらり鉄」 »